定期借家契約と普通借家契約どっちで貸す?

資産
スポンサーリンク

定期借家契約とは?

【契約期間】

契約期間があらかじめ決められている賃貸借契約のこと。

期間満了後に貸主と借主の双方が合意すれば

再契約も可能。

転勤で一時的に不在となる自宅を貸し出す場合や、

将来住む予定の実家(空き家)を期間限定で賃貸に出す

といった場面での活用があげられる。

普通借家契約とは?

【契約期間】

1年以上、上限なしの契約期間を設けて契約する契約形態で、

一般的には2年間の契約期間が多い。

定期借家契約のメリットは?

1 短期契約が可能


2 物件の選択幅が広がる


3 さまざまな人が借りやすい

定期借家契約のデメリットは?

1 原則として再契約はできない


2 原則として期間内の解約ができない



まとめ

私のように、4年後の早期退職が叶って、

また住もうかな?と思っている者にとっては、

定期借家契約で貸した方がいいのかな?

と思っていたのですが、

期間の制約がある分、

相場より、安くケースが多いみたなのが、

少し残念です。

売主と貸主の住みたい期間がマッチすればいいけど、

なかなか難しいですね。

もうちょっと悩んでみます。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました