サイドFIRE(ファイヤー)とは?FIREよりも現実的?

FIRE(ファイヤー)
スポンサーリンク

サイドFIRE(ファイヤー)とは?FIREよりも現実的?

悩む女性<br>50代
悩む女性
50代

FIRE(ファイヤー)ってよく聞くんだけど私にはハードルが高すぎて私には無理かな?

お悩み解決女子
お悩み解決女子

大丈夫ですよ!

そういう方にも希望の持てるサイドFIRE(ファイヤー)っていうのがあります。

50代のあなたでも十分挑戦できるのではないでしょうか?

わかり易く説明するので、最後までご覧くださいね!

FIRE(ファイヤー)して「仕事に縛られない自由な生き方がしたい!」

と思っても、

「FIRE(ファイヤー)はハードルが高ぎて自分には無理」

と思っている人は多いのではないでしょうか?

ここでは、そういう方にも希望の持てる

サイドFIRE(ファイヤー)

についてご紹介します。

スポンサーリンク

サイドFIRE(ファイヤー)とは?

それではサイドFIRE(ファイヤー)についてわかり易く説明しますね!

サイドFIRE(ファイヤー)とは、

生活費の半分ぐらいを働いて、

残りは不労所得で生活するという考えです。

ちなみに、

FIRE(ファイヤー)とは、

Financial Independence, Retire Early 

の頭文字4文字をとったもので

経済的自立、早期リタイアの略です。

FIRE(ファイヤー)についてはこちらで詳しく説明しています。

サイドFIRE(ファイヤー)の3つのメリット

サイドFIRE(ファイヤー)の3つのメリットは下記の3つとなります。

  1. 必要な金融資産が少なくて済む
  2. 緊急時に金融資産を減らさなくて済む
  3. 社会との繋がりが持てる

メリット1:必要な金融資産が少なくて済む

FIREを達成するには、年間支出の25倍

必要と言われています。

根拠は4%ルールからです。

4%ルール」とは

形成した資産の4%を毎年取り崩し、

残りは運用を継続していく方法のこと です。

例:月間支出20万の場合

 20万×12か月=240万(年間)

 240万×25=6000万(必要資産)

6000万円が必要です。

しかし、サイドフFIRE(ファイヤー)だと、

半分の3000万円で済みます。

メリット2:緊急時に金融資産を減らさなくて済む

FIRE(ファイヤー)した後に、株の大暴落等で

資産が足りなくなる場合があります。

資産 < 自分の寿命

その場合は、働くしかありません。

ただし、サイドフFIRE(ファイヤー)だと、

働いているので、

金融資産を減らさなくてフルタイムに変更して

収入を倍に増やすことも可能です。

メリット3:社会との繋がりが持てる

サイドフFIRE(ファイヤー)は生活費の半分を働いて稼ぐため、

社会とのつ繋がりを持ち続けることができます。

また、やりがい・充実感も持てます。

サイドFIRE(ファイヤー)への5つのステップ

サイドFIRE(ファイヤー)を達成させる具体的な方法は

下記の5ステップとなります。

  1. 目標金額を設定する
  2. 現在の資産を把握する
  3. 支出カット
  4. 収入アップ
  5. 投資をしてお金に働いてもらう

ステップ1:目標金額を設定する

まずは下記の計算式で目標設定金額を設定します。

計算式:(月間支出〇〇万円×12か月×25倍)÷ 2(半分)

月間支出20万円の場合 ⇒ 3,000万円

月間支出30万円の場合 ⇒ 4,500万円

月間支出40万円の場合 ⇒ 6,000万円

これはあくまでも現在の目標金額なので、

月々の支出を抑え、収入を増やせば

目標金額が少なくなり、

より早くサイドFIRE(ファイヤー)を

達成できることになります。

ステップ2:現在の資産を把握する

次に現在の資産を把握し、目標金額までに

いくら不足しているか(必要か)を計算します。

資産とは?

資産には大きく分けて金融資産実物資産があります。

金融資産とは?

金融資産とは「形」を持たないけれど資産として評価することができ、現金化できる資産のことです。

  • 現金・預金・株式・債権・投資信託・保険・商品券・小切手など
実物資産とは?

実物資産とは「形」があって、それ自体に価値がある資産の事を指します。

  • 土地・不動産・自動車・美術品・貴金属など

一度すべてEXCELなどで一覧表にしてみるのがおすすめです。

資産が把握出来たら、下記の計算式で

サイドFIRE(ファイヤー)達成まで

いくら不足しているか把握できます。

計算式:総資産 ー 目標金額 = 不足金額

この不足金額を目指してこつこつと貯めてきます。

ただし、下記のステップ3・ステップ4の

支出カット・収入アップを加えれば、

さらにサイドFIRE(ファイヤー)達成までの

道のりが近づいてきます。

ステップ3:支出カット

①固定費の見直しを行い、年間支出減少させます。

固定費とは?

固定費とは何もしなくても毎月定期的に支出される費用のことです。

  • 光熱費(電気代、ガス代など)
  • 通信費(電話代、スマホ代など)
  • 住居費(住宅ローン、家賃など)

固定費の見直しを行い支出をカットすることで、

目標金額が減少し、

さらにサイドFIRE(ファイヤー)達成までの

期間が短縮できます。

断捨離捨て活などでシンプルライフを目指し、

できるだけ無駄遣いをしない。

50代からの捨て活についてはこちらで詳しく説明しています。

ステップ4:収入アップ

転職や副業などで現在の収入よりも

さらに収入アップを目指します。

おすすめの副業は?

ほんの一例ですが、おすすめの副業です。

  • 動画編集
  • Webデザイン
  • Webライティング
  • プログラミング
  • せどり
  • 翻訳         

転職や副業でさらに収入をアップさせることで、

資産が増加し、

さらにサイドFIRE(ファイヤー)達成までの

期間が短縮できます。

ステップ5:投資でお金に働いてもらう

資産を運用しないで預金しておくだけなら、

ほぼ25年で使い切ってしまうことになります。

なるべく資産を減らさず生活するには

投資は必須アイテムです。

おすすめの投資は?

ほんの一例ですが、おすすめの投資です。

  • 高配当株式
  • インデックス投資
  • 不動産投資

※iDeCo(イデコ)や、NISA、積み立てNISAを

活用するのもおすすめです。

iDeCo(イデコ)についてはこちらで詳しく説明しています。

投資でお金自身に働いてもらって

お金にどんどん太ってもらいましょう。

まとめ

FIRE(ファイヤー)はハードルが高すぎても、

サイドFIRE(ファイヤー)だと希望が持てたのではないでしょうか?

当然、簡単ではありませんが、支出カット、収入アップ、投資等で資産を増やすことを継続していれば、実現可能性は高いです。

まずはサイドFIRE(ファイヤー)目指してみませんか?

実現すれば、「仕事に縛られない自由な生き方」が手に入ります。

FIRE(ファイヤー)についてはこちらで詳しく説明しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました