iDeCo(イデコ)の始め方は?

お金のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iDeCo(イデコ)の始め方…老後資金大丈夫?

続きを読む

iDeCo(イデコ)についての詳しい説明はiDeCo(イデコ)とはをご覧ください。

ステップ1:自分は資格があるか確認し、掛け金を決める。

  1. 自営業 – 第1号被保険者はこちら
  2. 会社員 – 第2号被保険者はこちら
  3. 公務員 – 第2号被保険者はこちら
  4. 専業主婦 – 第3号被保険者はこちら

1.自営業 – 第1号被保険者

【加入資格】

  • 満20歳以上60歳未満。
  • 国民年金保険料を納付している(障害基礎年金受給者を除き、全額免除・半額免除等を受けていないこと)。
  • 農業者年金基金に加入していない。

【加入資格がある場合の拠出限度額】

  • 年間816,000円(月額68,000円)-国民年金基金等への年間拠出額

※資格があり、掛け金を決めたらステップ2へ

2.会社員 – 第2号被保険者

【加入資格】

  • 65歳未満。
  • 企業型確定拠出年金(企業型)の加入対象者の方の場合は、マッチング拠出を実施していない企業型で、規約に個人型確定拠出年金に加入できる旨を定めた場合のみ個人型への加入が可能。

【加入資格がある場合の拠出限度額】

1.企業型の加入者でない方

 ・他に企業年金等※がない場合・・・年間276,000円(月額23,000円)

 ・他に企業年金等※がある場合・・・年間144,000円(月額12,000円)

2.企業型の加入者の方

 ・企業年金等※がない場合・・・年間240,000円(月額20,000円)

 ・企業年金等※がある場合・・・年間144,000円(月額12,000円)

企業年金等とは、確定給付企業年金厚生年金基金のことです。

※資格があり、掛け金を決めたらステップ2へ

3.公務員 – 第2号被保険者

【加入資格】

  • 65歳未満。

【拠出限度額】

年間144,000円(月額12,000円)

※資格があり、掛け金を決めたらステップ2へ

4.専業主婦 – 第3号被保険者

【加入資格】

  • 20歳以上60歳未満の方

【拠出限度額】

年間276,000円(月額23,000円)

※資格があり、掛け金を決めたらステップ2へ

ステップ2:口座を開設する。

1.口座を選ぶ3つのポイント

  • ポイント1:運営手数料が安い
  • ポイント2:商品取扱本数が多い
  • ポイント3:アプリの快適さ etc.

2.おすすめの証券会社(2022年度時点

SBI証券
  • 口座開設・運営管理手数料・・・0円
  • 取扱本数・・・・・84本
  • アプリ・・・・・・・快適
  • 三井住友カード(NL)を使えば、ポイント付与率が高い等。
楽天証券
  • 口座開設・運営管理手数料・・・0円
  • 取扱本数・・・・・40本
  • アプリ・・・・・・・快適
  • 楽天経済圏の方にはおすすめ!

ステップ3:運用商品を選ぶ。

おすすめ商品!

SBI証券

  • SBI・全世界株式インデックス・ファン(愛称雪だるま)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

※全世界に投資するか、アメリカのみ投資するかの違いです。

楽天証券
  • 楽天・全世界株式インデックスファンド
  • 楽天・全米株式インデックスファンド

※ただし、期間および年齢を考慮する必要あり!

まとめ

DeCo(イデコ)の始め方は次の3ステップ

  • ステップ1:自分は資格があるか確認し、掛け金を決める。
  • ステップ2:口座を開設する。
  • ステップ3:運用商品を選ぶ。

口座開設のポイントは次の3つ

  • ポイント1:運営手数料が安い
  • ポイント2:商品取扱本数が多い
  • ポイント3:アプリの快適さ etc.

※ただし、期間および年齢を考慮する必要あるので、

商品選びは厳選して行いましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました