早期退職とは?

FIRE(ファイヤー)
スポンサーリンク

早期退職とは?

早期退職」とは、

定年を迎える前に勤めていた組織を退職することです。

企業が実施している「早期退職」は2種類あります。

企業が実施している「早期退職」は2種類あります。

1.「早期希望退職制度」

  企業都合で経営再建などの都合で行われ、

  人員整理・削減(リストラ)を目的とする

「早期希望退職制度」

2.「選択定年制度」

  人数や期間を限定することなく随時募集する

  「選択定年制度」

早期・希望退職を募集した企業の決算は

なんと、44%が黒字だった!

(2021年東京商工リサーチ調べ)

早期退職とは何歳から?

導入している企業の7割は「50歳以上」が対象でしたが、

25社は働き盛りの20代、

30代世代も早期退職の対象としていることが分かりました。

29歳以下を対象としている企業は、

外資系や製薬を中心としたメーカーなど大企業に多いようですが、

今後は他の業界でも早期退職の対象年齢が

下がっていくかもしれません。

(2021年東京商工リサーチ調べ)

早期退職 メリットは?

早期退職のメリット

  • 退職金が上乗せされる可能性がある
  • 起業など新たにチャレンジできる
  • 早めにリタイア生活に入ることができる

早期退職のデメリット

  • 定期収入がなくなる
  • 年金の減少する
  • 社会的信用が低くなる(ローン契約や不動産の賃貸契約が不利になりやすい)

早期退職とFIREの違い

早期退職もFIREも、定年を待たずに早期に退職することは同じですが、

リタイアを迎えるまでの資産の作り方や老後資金の考え方が異なります。

早期退職

早期退職」は会社都合の場合だと割増された退職金

を受け取れることもありますが、

基本的に退職後は受け取った退職金と

将来受け取る公的年金や貯金などを元手に、

少しずつ切り崩しながら生活していきます。

FIRE

FIRE」は経済的自立のために意欲的な貯蓄をし、

退職後は運用益などで生活し

元手(元本)は減らさないようにすることで、

何歳まで生きても問題がないように備えること。

関連記事はこちら

まとめ

早期退職はメリットばかりではありません。

気をつけないと、取り返しのつかない

失敗をしてしまうこともありえます。

しっかりとした退職後のプランと、

なんといっても十分な蓄えが重要ですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました